何を第一希望として相手を選ぶのかが30代の婚活では大事

三十代になると、自分の結婚相手に求める理想が二十代の頃より高くなると思います。妥協できていれば二十代で結婚できるのですが妥協してこなかったことや塩ごとが面白かったことやもっと遊びたいなど自分の利益を優先していた結果婚期が遅れてしまいました。

 

今更自分をもらってくれる人なんかいるんだろうか、と不安になってしまうときもあり、一人暮らしの部屋でずっとこのままなのか、と思うと怖くてたまらなくなり婚活に参加したのです。

 

最初に参加したパーティーは、男性の年収が八百万円以上のものに参加しました。女性の年齢制限はありませんでした。しかし、そこでカップルになるのは若い女性ばかりだったのです。やはり三十代になると年収で男性を選ぶのは難しいものがあるのか、と思い、年収ではなく趣味方面で参加することにしました。

 

私の趣味は映画鑑賞なのですが、参加した婚活は映画鑑賞が趣味とはいっても大手配給会社から配給されて十億円くらい興行収入のある映画が好きな人が多く、その映画は知っているし見たことあるけど監督は知らない、というような私からしたら若干内容の薄い婚活になってしまいました。

 

そこで今度は男性も女性も三十台以上で年収は五百万円以上(男性のみ)に参加したのです。

 

私は今の仕事を辞めるつもりがないので男性でも年収が五百万もあれば充分一緒に生活していけますし八百万円以上のとき全部二十代にもっていかれてしまったので多少の妥協は必要だと思ったのです。

 

何人かの男性と話していると、八百万円以上のときよりも簡単に軽く話すことの出来る人たちが多く、こちらも気負わず話ができるのでほっとしました。

 

相手側も女性陣に二十代がいないことからキョロキョロされることやジロジロ見られたり比べることもなく楽しく会話ができました。妥協、とまではいかないのですが自分がどれだけの価値があるのかというは客観的に見てそこを選んで婚活に参加しないと無駄な時間をすごすことになってしまうのだなぁと思いました。

 

その婚活で知り合った人と現在半年くらいお付き合いしていますが、休日もあい価値観もあうので楽しく過ごしています。