40歳になって私が初めて行った婚活体験記をお話します

私はこれまでに、中学生時代や高校生時代、そして大学生時代と学生時代はすべて一人ぼっちで、女性の恋人も出来ずに暗い青春を送ってきました。

 

恋人が出来ない、という事に対して学生時代にはそれほどたいした事とは感じていなかったものの、大学生になって周りの友人や同級生達が続々とカップルを作って楽しそうに海や山にサークル活動やコンパなどをしているのを見て、さすがに「これではいけない」と焦りを感じたのですが、結局自分自身に自信がない、薄毛と低身長という2重苦を背負っている私には同級生の女の子にも話しかける事が出来ずに、大学生時代に彼女を作る事が出来ないまま、学生時代を終えてしまいました。

 

それ以来、私は女性には縁がまったくない生活を送っていたのですが、35歳を過ぎたあたりから故郷の母親がやたらと「頼むから相手を見つけて私の目の黒い内に孫の姿を拝ませて欲しい。親孝行だと思って、お願いだから結婚して欲しい」と頼むので、仕方なく、今年40歳になって生まれて初めてのインターネットの婚活サイトを利用した婚活にチャレンジしてみました。

 

今年の1月に私が初めてインターネットの婚活サイトに登録した時には、メールアドレスとクレジットカードの情報、その他の個人情報など登録に必要な項目を入力しただけですぐに婚活サイトの会員になる事が出来、思っていたよりも婚活サイトはスムーズに使える事に驚きました。

 

そして、婚活サイトに登録しておいた私のプロフィールを見て好感を持ってくださった都内に住む39歳の家事手伝いの女性と、婚活サイトのプランナーやアドバイザー、そしてサポートスタッフの方にサポートしていただき、2月の上旬に都内の一流ホテルのラウンジカフェで最初の出会いをする事となりました。

 

初回でお会いする事が出来たお相手の39歳の女性は、眼鏡に長い黒髪が似合う優しそうな女性で、こちらも「この人と結婚出来れば」と感じたのですが、お相手の方が実際に私に会って「少しイメージしていた方と違った」という理由で、結局その一回だけのお話でご縁は無くなってしまいました。

 

今回は残念な結果に終わってしまいましたが、婚活サイトのサポートスタッフの方達からも「一回だけで諦めてはダメですよ」とアドバイスされた為、これからもめげずに婚活サイトを通して婚活を続けていこうと考えています。