知り合いや親戚を頼っての40代シングル男の婚活。

40代前半の男です。仕事は会社員で、製造業の営業をしております。

 

漠然と30代のうちには結婚したいなあと考えておりましたが、特にご縁もなく、あっという間に40歳に突入してしまいました。30代と40代って同じ独身でも人に与える印象がかなり違いますよね。40代になると「あのひとどこか人間的に欠陥があるんじゃないの?」と言う目で見られてしまいがちです。少なくとも40代前半のうちには結婚したいと考えるようになり、本気で婚活を始めました。30代の頃は出会い系とかで女性と知り合ったりしていましたが、いざ結婚も視野に入れたおつきあいとなると、やはりそれなりに信用できる女性とお付き合いをしたいと思い、友人にかたっぱしから紹介を頼み、また親を通じて親戚のひとにもいい人がいたら紹介してくれるように頼みました。

 

うちは親戚がけっこう多い家で、結構行き来していたりするので、私が結婚相手を探しているということはあっという間に親戚中に広まりました。そんな中でも世話焼きのおばちゃんがいるもので、まもなく一人の女性を紹介してくれました。ただ、紹介してもらうとなるとやはりそこは昔の人、「紹介=お見合い」という図式が成り立っているらしく、両家両親同席のもとお寿司屋さんの座敷で会食するということになってしまいました。

 

紹介された女性は35歳で、会社にお勤めのOLさんでした。全員での食事も終わり、ふたりっきりで話をした段階では彼女は今仕事に燃えていて、結婚にはあまり積極的ではないとのことでした。しかし親はやはり30代のうちに結婚してほしいと考えていることや、紹介してくれたおばちゃんも乗り気だったので、断りきれずに会うだけあってみようということになったそうです。

 

まあ私の方としては普通の女性でしたし、ご紹介いただいたので縁があればつきあってみたいなと思ったのですが、話の内容と、どうもわたしは彼女のお眼鏡にかなわなかったようなのでそれっきりになってしまいました。

 

わたしの婚活はまだ継続中ですので、また次回お話があればご報告したいと思います。