友達の友達の開催のコンパへ

私は現在彼女いない歴は5年、30歳のサラリーマンです。
大学を卒業してそのまま就職して、気がつけば早8年、大学時代から付き合っていた彼女にもフられてしまい、出会いの場をすっかり失っていた時に高校時代からの友人から突然の連絡が、その内容は、学生時代の友達から来週の週末コンパをするのだか、人数が足らないから来てくれないか?と言うお誘いでした。

 

私としても全く出会いがなかったので是非行きたいと意気揚々に返事をしてコンパに混ぜて貰う事になりました。

 

そして1週間後の週末、遂にコンパの当日、私はかなりの気合を入れて同級生との待ち合わせの場所に、そして、合流後、今日のメンバーを聞くと何と私の知っているのはその同級生ただ1人だけで、後は全員初対面と言う少しアウェイ感が漂う気がしました。

 

そして、コンパ会場の個室の居酒屋に到着、人数は男女5人づつの多くも少なくも無いちょうどいい人数しかし、女性陣が2人少し遅れて来るとの事だったので、男性5人女性3人のスタートとなりました。

 

通常、私の知るコンパは共同戦線と言うのが最もポピュラーなやり方なのですが、何せ私は同級生以外は全員が初対面、しかも人数が男性の方が多いと来たので、場の空気に完全に飲まれてしまい完全にアウェイ状態に、しかしこれでは折角期待に胸を膨らませコンパに来たのに、このままでは帰れないと思い、必死で話を回そうとしましたが、やはりアウェイ状態の私には何もできませんでした。

 

そして、今回のコンパはダメだと諦めかけてた時に、何とそこに残りの2人の女性が到着、そして、改めて全員が順番に再度自己紹介、すると何と、ここで私にもやっと希望の光が、それは遅れてきた女性の1人の1人が私と全く同じ境遇であることがわかりました。

 

同じ境遇と言うのは、その女の子は一緒に来た女の子以外みんな初対面であるという事だったのです。

 

そうなればその子は私の守備範囲という事で、席替えの時に私は必死でその子の近くに寄って行き、そして自分の持っている全てのポテンシャルを発揮してやっと何とか連絡先の交換をし、後日2人で食事に行く約束まで漕ぎ着ける事が出来まし。

 

そして、無事にそのコンパは終了、始まった時はかなりきついコンパだと思いましたが、終わってみれば楽しい時間になったので同級生に感謝したいと思います。

 

合コンしたい、コンパしたい!成功するために大事なこと