人数合わせの合コン参加から出会いが掴めるのか、私の体験談。

参加を予定していた女性が一人当日に予定が入り参加が難しくなったとの事で、急遽人数合わせのため合コンに参加しました。会場は今度友人との利用を予定していた全室個室の居酒屋です。下見になりますしアルコールが好きだから丁度良いと納得しながら本音の部分では良い出会いに期待をしながらの参加でした。準備等をしていなかった事もあり仕事を終えてそのまま、オフィスカジュアルの服装で居酒屋に向かいました。先着していた男性も正に仕事帰りといった感じで殆どの方がスーツを着用しており、この点に関しては安心しました。食事の内容には申し分無く、異性の中にグルメな方が居た事もあり食の話に花が咲き楽しい時間を過ごす事が出来ました。二次会でカラオケに移動しましたが平日という事もありそれぞれが翌日に仕事を控えており早めの解散となりましたが、食事中から会話が盛り上がった一人の男性からアドレスを渡されて個人的に連絡を取り合うようになりました。

 

当日の結果だけを見ると人数合わせの合コン参加は大成功に終わりました。しかし問題はその後、合コンで盛り上がった空気が収まり一対一で相手と向き合ってみると出会った当日には気付けなかった諸々が見えてくるのです。勿論どんな出会いも初日に判断するには限度があり徐々に相手を知っていく必要がありますが、お酒で気分が高揚し周りからのヨイショもあっての成立です。その場にしかない独特な空気感に呑まれていたのだと後になって感じました。向き不向きはありますが、私の場合は合コンに不向きな人間であったのかもしれません。特に当日に参加を決めたものですから心準備や心構えにおいてどちらも不足していたのではないかと分析しています。

 

費用についてはよく言われる男性負担を当たり前とする考えが一般的にまだ根付いているのかもしれません。男性からそういった提案があれば頑なに拒むのも反ってよろしくない事だと分かりますが、女性陣もアルコールの有無を差し引けば基本的には割り勘の支払いになるという認識で参加すべきだというのが個人的な感想です。以上を肝に銘じた上で、機会があれば良い出会いを求めて参加を検討したいです。

 

合コンしたい、コンパしたい!成功するために大事なこと