コンパはワンコンパ、ワンゲットを望むことなかれ

ある程度の年齢になると、コンパに誘われる回数も減ってきます。本当に少なくなりました。だからこそ、数少ないコンパでの縁を大切にしたい!と思うのは当然なことだと思います。

 

私がコンパに行って、決めていることは「ワンコンパ、ワンゲット」をするという事です。

 

そりゃあ、一回のコンパでいい人を見つけて、うまくいって、そのままお付き合い~なんていうのが一番いいんですがそういうことは正直あんまりありません。

 

でも、せっかく知り合う機会が出来たし、今日来ている人がダメでも、この人たちの友達に入るかもしれないという淡い望みを抱き、このときは盛り上げて、とりあえず誰かひとりと仲良くなって連絡先を交換して、次、また別のメンバーでコンパを開催するように話を持ち込みます。

 

そのために、一回くらい連絡先を交換した人とご飯に行くこともありますが、これはあくまで次のコンパにつなげるため。その人と付き合うとかではありません。

 

そして、コンパをするにあたって、私も友達を2組用意しています。1組は職場の同僚や後輩、先輩、もう1組は大学の時の同級生です。

 

これをローテーションで使い分けています。

 

職場の子たちと一緒に行ったコンパで知り合った人と、次にコンパをするときは学生時代の同級生を連れて行きます。

 

向こうの幹事の男の子も知らない人を連れて行かないと新鮮味がないので、そうしています。

 

そうするようになったのは、コンパ開催にこぎつけても、実際に行く女の子探しも結構大変だったんです。

 

行きたい!って言っておきながら、場所が遠いや、時間が遅いや、文句ばっかり言ってきて、それはそれで腹が立つし、

 

いい人がいなかったら、あとでまた文句を言うし…でなんか疲れちゃって。

 

これって結構、コンパあるあるだと思います。相手を見つけることも難しいけど、行く人を見つけるのも難しい。

 

でも、連れて行く友達もローテーションにすると、自分自身も女性陣に気を使わず、コンパに集中出来るので(笑)とても楽になりました。

 

本当はそんなことせず、ワンコンパで本命ゲットが一番なんですけど…。

 

合コンしたい、コンパしたい!成功するために大事なこと