子持ちでも我が子が応援してくれるから頑張れる婚活

子供にとって親がいるほうが世間一般にはいいと思いますが、私自身婚活することはまだ考える余裕がありませんでした。

 

けれど子供からの、ママが結婚したら嬉しいという一言がありそれを励みに婚活することにしました。

 

これまで子供にとって祖父母以外の人と暮らすことになるという、親としては上手くいくといいドキドキも結婚後はあるでしょうが、婚活をすることは子供にとってむしろプラスになることなんだと思えたから、婚活できたのだと思っています。

 

婚活パーティーや婚活アプリなど利用してみて、やっぱり私だけの結婚相手なら妥協することもあるかもしれませんが、いきなり子供にとって父親になる人ですから妥協できないなと婚活が長期になることも覚悟していました。

 

たまに子供からママ、婚活上手くいってるなんて聞かれたりして、その度にママのお眼鏡にかなう人がいないのといってきましたが、子供からママが選ぶ人は自分も好きになると言われてぐっときました。

 

子持ちの婚活はやっぱりだめと鼻から棒にも橋にもかからないこともあります。

 

けれど子供がいても大丈夫だからと、私のことを気に入ってくれた人もいて、嬉しくなりました。

 

婚活することが自分の自身になってきたように感じていました。

 

そんなときに一つ上の人で、たまたま通っていた高校が同じでという男性がいて、私は向こうのことを実は知っていました。

 

野球部に入っているからやはり当時もてていたので、名前と顔を見た瞬間ハッとしました。

 

運命かなとその時感じてしまったのは、彼が子供好きだけど夜泣きが心配だから子供を持つことが不安だったけど、もう大きいのだから夜泣きもないから安心だと言ってくれたことです。

 

彼の仕事は不規則だから子供が小さいと人見知りされるのが嫌だけど、話もできてコミュニケーションをとれる年齢の子供だから大切に育てていけそうと言ってくれました。

 

その言葉に素直に嬉しくなって、子供と彼と三人で食事をすることもあり、子供公認の上で結婚に向けてスタートしています。

 

子持ちの婚活は難しい?成功するためのコツ