結婚適齢期は貯金も職歴も考えるとアラサーぐらいだと思う

結婚適齢期は世間的には、だいたい20代後半から30代前半ぐらいとされていますよね。いや、「誰かが厳密に決めた」というわけではありませんから、なんとなく大勢の人の認識のなかで「だいたい20代後半から30代前半ぐらいが結婚適齢期」というものなのですけれど。要するにアラウンドサーティーこと「アラサー」ですよね。

 

そして私もやっぱり「アラサーが結婚適齢期」だと思いますよ。そりゃあ、子どもを生むことだけを考えたら、若ければ若いほどに結婚するのが良いのかも知れませんが、しかし「子どもを生んで、とくに苦労をすることなく育てていく」ということを考えたら、やっぱりアラサーだと思いますから。

 

だって、学校を卒業してそして社会人経験をつむことで、子育てがひと段落した後に社会復帰だってしやすいというものですから。もしくは、そのまま産休&育休をとって復職することもできますからね。それに若いうちに覚えた仕事と、年齢が上がってから覚えた仕事では適応力も違いますから、やっぱり若いうちに何年かは仕事をしておいた方がいいと思うんです。

 

働くことによって収入だって入ってきますからね。そして貯金だってできるわけです。お金の話はいやらしいことだと受け取る人もいますけれど、やっぱりお金がないと子育ては苦労しますからね。子どもを育てていくことは、やたらとお金が出て行きますから。ましてや子どもが育っていきますと、さらに大きなお金が必要となりますからね。ですから貯金をしておくのが良いのです。

 

また、子どもを生まないにしても結婚生活に必要な家電やら家具をそろえるためには、お金が必ず必要ですよね。ですからこそ、結婚に貯金は必要なのです。そして貯金をためるためにも、やっぱり働くことが重要ですから。ブランク後の復職も考えますと、やっぱり学校を卒業してから何年間かはキャリアをつむことがポイントでしょう。

 

ですから、貯金と職歴のことを考えるとやっぱり結婚適齢期はアラサーぐらいだと思うのです。あまり年が進み過ぎると今度は結婚しづらくなるとも言いますから、やはりアラサーぐらいの年齢が適齢期でしょう。

 

結婚適齢期。男性女性での違いは?結婚時期について考える。