ライフプランで考える本当に個人に合った結婚適齢期とタイミング

個人の考え方が多様化し、封建的な考え方はあまりにも時代錯誤になっていますが、そんな中では当然結婚適齢期という概念も足元から揺らいでいるように感じます。一昔前までは男女共に20代が結婚適齢期とされ、30代以降の独身者には「売れ残り」など無配慮なレッテル張りがされていました。しかし、さらに時代を遡れば女性の結婚適齢期が10代前半とされていた時代もあったはずです。もちろんこれは江戸時代などかなり極端な例なので参考にはならないかも知れませんが、時代と共に結婚適齢期などというあやふやな考えは簡単に揺らいでしまうということを意味します。

 

現代では個人それぞれの考え方や行き方が尊重されるので、親や他人から結婚を強制されるということも少なくなっています。もちろん今でも周囲からの結婚のプレッシャーを感じているという方も多いでしょうが、結婚をするということは生活の中でも多くの制約を生むので、必ずしも個人のライフプランに適したものであるとは限りません。例えば起業を考えている方にとって結婚や子供を持つということは大きなリスクを抱えることになりますが、自分の人生のプランを考えていくなかで今は家庭を持ちたくないと思う方も多いでしょう。

 

また起業など仕事の理由以外にも、単純にまだ今のライフステージでは結婚をしたくないと考える方がいても不思議ではありません。これまでは社会がこうした個人主義を許容する余地が無かったので、よほど自分をしっかり持った方で無いとこうした選択を取ることは困難でした。しかし、インターネットやSNSで個人同士の繋がりが強固になった現代では、自分と同じ価値観やライフプランを持った方と知り合うのは決して困難なことではありません。

 

人間は自分ひとりが見たことの無い荒野に立つことは耐えられませんが、同じ価値観で生きている他人を見ることでより信念を確固たるものにすることが出来ます。結婚適齢期という考え方や結婚のタイミングもこうした価値観のネットワークによってより広がりを見せているので、社会もより柔軟なものになっていくでしょう。

 

結婚適齢期。男性女性での違いは?結婚時期について考える。