結婚適齢期は人によって違うものなので、焦らなくてもいいです

よく結婚適齢期っていいますが、私にもよくわかりません。そろそろ結婚してもいいかな、と思うようになったら結婚適齢期なのでしょうか。それは人によって全然違うのです。早く結婚したい人もいれば、結婚なんて二の次と思っている人だっているのです。だから焦る必要はないのです。

 

よくまわりがどんどん結婚していくから、結婚しないといけないと焦る人もいるでしょう。でもその必要はありません。人それぞれ結婚適齢期は違うからです。

 

好きな人ができて、付き合って自然と結婚したいと思うようになったらそれが結婚適齢期なのでしょう。それはその人にとってのものであって、年齢は全く関係ないのです。だから結婚する年齢は、人によって違うのが当たり前なのです。

 

それにとらわれる事もないと思います。結婚は慌ててするものではありません。焦るものでもないのです。自分でじっくりと決めて、タイミングが良ければするのが結婚なのです。だから結婚適齢期という言葉に惑わされることもないと思います。二十歳で結婚する人もいます。四十歳で結婚する人もいます。そして結婚しない人もいるのです。それぞれに結婚適齢期があるわけでもないのです。

 

結婚はタイミングであって、自然と思う事なのです。だからわざわざ結婚適齢期なんて言わないでほしいです。まだ私の友人でも結婚していない人がいます。したくてもできない人もいます。だからそれぞれに結婚適齢期なんてないのです。

 

私は二十三歳で結婚しましたが、できちゃった結婚なのです。これは結婚適齢期というのでしょうか。そういうものはなく、できちゃったから結婚したのです。言葉では簡単に言えますが、個人差もあるので考えるととても難しくなるのです。もしも離婚をしたら、今度は結婚適齢期がやって来るのでしょうか。決してそんな事はないと思うのです。

 

だからこれは自分で考えた時、タイミングが良かったらそう言えばいいと思います。それも人それぞれ違うのですから。

 

結婚適齢期。男性女性での違いは?結婚時期について考える。