結婚適齢期だからといって結婚に向いている時期かどうかは個人で異なる

一般的に結婚適齢期といわれる年齢は20代半ばから後半にかけてだと思います。私は結婚するのが遅くて35歳の時でしたが、いわゆる結婚適齢期といわれる時期は親だけでなく、職場でもいろいろ言われました。親は勝手に結婚相談所に登録するは、頼んでもいないのにお見合いの話を持ってくるはでいろいろ心配していたようです。私は当時結婚する気は全く無かったのですべて受け流していました。当時は自分的にはまだ幼くて結婚できるような気がしませんでした。仕事も派遣社員でしたし、やりたいことが特にあったわけでもなく、親と一緒に暮らしていたので自立できていませんでしたし子供でした。

 

そんな自分が結婚なんてできるわけがないと思っていました。職場では親位の世代の方が多い職場だったので、当時はいろいろおせっかいで心配してくれていました。こんな話があるけどお見合いしないとか、しょっちゅう言われました。正直かなりうっとおしかったです。

 

一般的に結婚適齢期といわれる時期は、私的には全く幼く考えも甘かったです。そんな時期にもし結婚していたらどうなっていたのだろうと少し不安になります。結婚適齢期には、お見合いなどの話もたくさんありました。私は全く気がなかったのですべて見て見ぬふりをしていましたが、今から思えばあんな好条件の相手はその時期以来見ていません。高学歴で大手企業勤務の方の身上書をたくさん見せられました。

 

私は結婚適齢期をずっと過ぎてから婚活を始めましたが、その頃には当時のような好条件のお見合い相手は見つかりませんでした。それどころか自分からよさそうな方に合見合いをしたいとお願いしても相手から断られることが多かったです。悲しいかな世間でいう結婚適齢期を過ぎた女性は、好条件の男性にとっては魅力がない部類に入ってしまうようです。

 

そもそも結婚適齢期は人によって違うと思うのですが、世間一般ではなんとなく決まっているようです。特に男性にとってはやっぱり年齢のいった女性より若い女性のほうが好まれるようです。世間一般の感覚と、自分の感覚のずれに当時はかなり戸惑いました。自分が結婚したいと本当に思えたのが私は遅かっただけなのに、周りではその時には時すでに遅しみたいな感じでした。そのギャップが当時はかなり悲しかったです。

 

結婚適齢期。男性女性での違いは?結婚時期について考える。