結婚適齢期は、子供のことを考えると、20代後半ぐらいが望ましい

私の、結婚適齢期についての考え方ですが、まず結婚適齢期というのは、女性では20代後半、そして男性は30代前半ぐらいではないかな、と思います。なぜ、この年齢が結婚適齢期だと思うのか、というといろいろな理由があります。

 

まず、結婚をするのは、何歳でもできますし、お互いが相手を求めているのであれば、何歳でもよいと思います。しかし、考えなければいけないのが子供に関することだと思います。

 

もしも、子供が一人か二人はほしいとして、その子供を出産することの年齢などを考えてみると、女性の場合には、20代後半で結婚をし、そして出産をするというのがベストな年齢だな、と思います。

 

女性の場合には、妊娠をすることができる期間というものが限られており、あまり結婚が遅くなってしまうと高齢出産となってしまうケースが多いです。高齢出産となると、母子ともにリスクもたかくなります。

 

また、あまりにも結婚年齢が遅い場合には、子供を産むことができなくなってしまうこともあります。

 

このため、女性の場合には、子供を出産をすることを考えると、大体20代後半ぐらいが適齢期ではないかな、と思います。

 

また、男性の場合の結婚適齢期ですが、これも30代前半ぐらいではないかな、と思います。

 

男性の場合には、女性とは違い、出産の年齢などを考えなくてもよいですが、子供を産み、育てていくということを考えなければいけません。男性の場合は、あまり結婚が遅いと、定年後にも子供が大学に行ったりなど、資金面で非常に厳しくなることが多いです。

 

また、結婚をすることで、男性は社会的に信頼を得ることもできますし、働き盛りといわれている30代前半ぐらいに結婚をすることがベストなのではないかな、と思います。

 

結婚適齢期とよく言われますが、結婚自体はいつでも良いと思います。しかし、子供のことを考えたり、将来のことを考えると、やはりこのぐらいの年齢で結婚をしておくのが男女ともにベストなのではないでしょうか。

 

結婚適齢期。男性女性での違いは?結婚時期について考える。