結婚適齢期の理想と現実。

結婚適齢期には人それぞれ考えがあると思いますが、私の理想の年齢は26歳から27歳頃がベストだと思っています。これは完全に男目線での感覚なのかも知れませんが、仕事もこれから稼ぎが良くなるチャンスも増えてきて、今までよりも忙しく、悩みを抱えていく時期だと思っています。

 

そんな時に家に帰ったら最愛の人が待ってくれていて、安らぎを得られる環境というのは、何よりもエネルギーになると思っています。

 

遊んでばかりではなく、落ち着いて生活がしたいという思いが強くなる年代でもあると周りから聞くので、タイミングとしては26歳から27歳での結婚が出来れば、人生のバランスもよく、今後の人生プランが立てやすいとも思っています。

 

さらに30代前に子供を産める確率も高くなってくるので、自分の体が元気でアクティブな時に、子供と運動や遠出等もできるので、家族でのふれあいの幅も広がります。私は両親が38歳の時の子供だったのですが、やはりスポーツ等を思い切ってやるには、多少体力がきつかったと言っていました。

 

当然疲れも残るとの理由から旅行等の遠出も、周りの家庭に比べて少なかったです。

 

なので元気な時。出来れば子供が20歳になる時点で、最低でも50歳調度、可能なら40代でいる事が理想だと思っています。26歳頃から、ある程度収入も安定してくると思うので、生活費や子育て費用を考えても安心出来る状態になっている確立はかなり高いはずです。

 

ですが最近の現実としては、まだ収入も安定する前の10代や20代前半に結婚や出産をして、離婚してしまう方が多いのが現状です。私の周りでも、残念な事にそういった夫婦が増えてしまっています。

 

当然収入だけではなく、精神的にもまだまだ不安定な年代なので些細な事で子供などの気持ちは考えずに離婚してしまったり、それが原因で生活が大変になってしまったりという悪循環にはまってしまいます。

 

社会を自分の目でみて、人との接し方や考え方の変わってくる26歳から27歳頃での結婚が、精神的にも肉体的にも、そして経済的にも、バランスの良い結婚適齢期だと私は考えます。

 

結婚適齢期。男性女性での違いは?結婚時期について考える。