国際結婚することのメリットについていろいろと考える

一昔前は、日本人以外と結婚する人は少なかったです。今の時代は、日本人と外国人の夫婦が増えてきました。30年ぐらい前は、サラリーマンが夜の繁華街で出会ったフィリピン人や中国人などと結婚するというパターンが多かったです。

 

幕内力士の中でも、フィリピン人と日本人のハーフという関取が2名います。

 

外国人と出会って結婚しようという話になり、両親に紹介すると、反対されてしまうというカップルもいます。なぜ反対されてしまうのかを考えてみると、言葉がうまく伝わらないということや、生活習慣の違いなどから「この人と結婚させても大丈夫なのか?」という親心だと思います。

 

両親を納得させてゴールインするためには、ゆっくりと説明をして安心させることです。

 

相手が日本語が話せないという場合は、簡単な会話ぐらいはできるように日本語の勉強をさせましょう。

 

これまでは、日本の両親に対する話でしたが、次は、外国の両親にあいさつに行くときのことを考えてみます。日本人の両親が自分の子供が外国人の相手を連れて来たらびっくりするのと同じように、外国人の両親も自分の子供が日本人の相手を連れて来たら驚くと思います。

 

どのように説明するのかは、その国の言葉を使って結婚することになった理由を分かりやすく説明すると良いです。古い考え方をしている両親だった場合は、国際結婚を認めてくれないということも考えられますが、どうしてもその人と一緒になりたいと思うのならば、時間をかけて理解してくれるまで根気よく説明することが大事です。

 

日本人と結婚しようと思っていたけれど、なかなか運命の人に出会えないということもあります。そのようなときは、方向転換をして国際結婚を考えてみるというのもいいのではないかなと思います。

 

世界は広いし、日本人よりも相性の良い運命の人と巡り合うことができる確率が格段にアップします。外国の人と巡り合うためには、海外旅行に行くという方法があります。

 

外国人と結婚したい、国際結婚するには?メリットデメリットについて