高嶺の花を手にした後に悲しみのどん底へ

23歳の時に街コンで出会った29歳の女性とおつき合いをすることになりました。

 

容姿は僕の中でドストライクで、清楚で綺麗な方でした。性格もサバサバした雰囲気がありながら6歳年上だったこともあり、しっかりとしていて言葉遣いが綺麗だったのもひかれた理由の一つでした。

 

付き合うまでの経緯は、街コンに僕も相手も友達と2人で参加していて僕は序盤で友だちと分かれ一人で女の子と話していました。最初に声をかけたのは同い年の大人しめな子で初参加の僕としてはゆっくりと話しができてリラックスできました。その女の子が立食バイキングのご飯を取りに行った時に、後におつき合いをする女性から一緒に食べようと誘われ、そこからは僕も一緒になり4人で過ごしました。

 

追加料金で二次会に参加できる形態だったので4人で話し合って、僕が最初に声をかけたのは同い年の子は帰り、3人で二次会に参加しました。そこでたまたま隣になった男性とも意気投合し皆で連絡先を交換し、翌週には4人で隣県の某水族館に遊びに行きました。元々タイプだったこともありますし、すでに気になっていたのでその後2人で食事に行く誘いをして、3回目には自宅に呼んで告白までしちゃいました。彼女は少し迷っていたのですがオッケーをもらい付き合いだしました。高嶺の花を手に入れたのです。

 

しかし次第に彼女が絵に描いたようなお嬢様だったことが分かり、遊ぶ場所や金銭的な面でもお互いに相手に合わせようとしてモヤモヤがたまり、結果お別れとなりました。もしかしたら相手は年下で低月収な僕にはもっと素直に甘えて欲しかったのかなと今になって思います。

 

年上で綺麗なお嬢様と対等に付き合おうと高嶺崖の上で背伸びをした僕の失敗だったなと思います。やはり等身大でいられる関係が良い関係なのかなと思いました。

 

失恋はあまり引きずらない質なので、すぐに親友に連絡してフラれた週には遊んで忘れました。今となっては良い思い出ですし、勉強になった経験です。さて、街コンでも行くか・・・