失恋てこんなものなの?

高校1年生の途中からバトミントン部に入部し、男子バドミントンの先輩に彼がいました。バドミントン部の女子と男子は仲が良く話す機会が多かったので、2年生にあがるころには好きな先輩とタメ口交じりで会話するほどになりました。その頃、私の気持ちが先輩に向いていることに気が付き始めました。しかし先輩は好きな人がいると言っていたので、自分の気持ちに気が付いた時点で失恋したと思っていました。

 

落ち込んだ気分の中、バドミントン部全体でお花見をすることに。私は先輩の私服姿を見たいが為にノコノコ出かけていきました。先輩とは話すことなく、お花見が終わってしまいました。その帰り道、何がどうなったのか2人で帰えることになりました。歩いている途中、先輩に腕をつかまれ突然の告白。あまりにも急な告白に一瞬固まってしまいましたが、すぐに「はい」と返事をしてお付き合いすることになりました。

 

私には初めての彼氏で、横に並んで歩くことや手をつなぐこと、キスをすること全てが新鮮でドキドキした体験でした。そんな私は、先輩の変化にも気付かずに舞い上がっていました。付き合って8カ月が過ぎて先輩からの連絡が少なくなりました。ちょうど期末テスト直前だったので勉強しているのだと軽く考えていたのですが、テストが終わった日に先輩から「話がある」と呼び出されました。不安な気持ちを抑えながら待ち合わせ場所に着くと、先輩が待っていました。

 

「ごめん、別れてくれ」と一言告げられ、頭が真っ白になりながらも理由を聞くと、「父さんの会社が潰れたから、ごめん」といって帰ってしまいました。呆然としながら家に着くと涙が止まりませんでした。その後3日間は一人になると泣いていましたが、急に「はぁっ??」と怒りが込み上げてきました。倒産と私たちは関係ないと腹が立ってきたのです。好きだった気持ちも思い出のモノと一緒にゴミ箱に捨て、一度冷めた気持ちは本当に好きだったのかと思うほどスッキリしていました。失恋てこんなにあっさりしたものなの?と思う自分が、人として大丈夫なのかと不安になる失恋でした。