決して、ロマンチックなシチュエーションではないものの、グッと来た彼からのプロポーズ

付き合って、3年が過ぎた頃、お互い、仕事も忙しく週末に会う事が精一杯の二人でした。年齢的には、26歳。そろそろ、結婚についても、考えなければいけないとは思いつつ、彼から何か言われるわけでもなく、私的には、少し焦りを感じていたのでした。

 

そして、いつものように週末を迎え、ドライブに誘われた私は、久しぶりのお出かけだと思い、ウキウキしていたのでした。そして、どこに行くかわからないまま、高速に乗り、連れて来られた場所は、彼が生まれ育ったところだったのです。彼は、高校入学と同時に親の仕事の都合で、今の所に引越して来たと言う事までは、知っていました。

 

その為、今の彼に実家には、何度かお邪魔したことはあったものの、幼少期を過ごした場所に来たのは、初めてだった私。少し、嬉しく、ワクワクしながら、彼と彼の通った小学校、中学校をめぐり、思い出話を聞くことに。そして、夕方、連れて行ってもらったお店には、何度か話を聞いた事のある彼の幼馴染の人がいたのでした。そこで、彼が言った言葉は、「今度、結婚する人。だから、お前に一番に会わせたいと思ってさ。」だったのです。

 

全く、そんな気配もなかった私は、本当に驚き、挨拶もなんて言ったか覚えていないほどでした。

 

その帰り道、車の中で、改めて、「結婚して欲しい」と言ってくれた彼。なぜ、先に友人の前で言ったのかを聞いてみると、「いろいろ考えたけれど、一番の親友に立ち会ってもらって、プロポーズしたかった」と言う事でした。

 

女性の中には、一生に一度のプロポーズの為、ロマンチックなシチュエーションを望んでいる人が多いかと思います。もちろん、私もそんな一人でした。

 

しかし、私にとって、そんな事は関係なく、心のこもった彼からのプロポーズは、本当に感動的でした。せっかくなら、二人っきりの方が良かったかもしれません。でも、彼なりに考え、彼がベストだと思ってくれたプロポーズが、やっぱり、何より最高のプロポーズだったと思っています。