お台場の海浜公園で彼からロマンティックなプロポーズをされた

親の影響で貞操観念も非常に強かった私は、彼から告白された時にも、先々結婚する予定でもなければ、付き合う事は全くないとまで言いました。彼は私より5歳も下でしたし、どちらかといえば、私が引っ張っていくタイプでしたので、結婚に関しても私がそのうちに決めてしまうのではないかと思いました。ですが、最初は若くて軟弱な面があった彼も、20代後半くらいになると肉体的にも精神的にもかなり逞しくなっていました。以前は私の言う事をそのまま聞いているようなタイプだったのですが、長く付き合ってみると行動的な面もありますし、喋り方は上手ではなくても、自分の伝えたいことをはっきりと言うような性格なのも分かってきました。

 

ですが、最初に私から結婚を前提にしか付き合わないとまで言いましたので、向こうからプロポーズしてくる事などは全く無い事だろうと思っていました。私はもう20代後半でしたから、若干早めに結婚したいという焦りもあったのですが、経済力も全くない女の方から結婚がしたいという事は言えずにいたのです。そういう思いを持っていた時期に、彼からプロポーズされました。

 

私がプロポーズされたのはお台場の海浜公園でした。この地域にはダイバーシティ東京プラザなどが建設される前からよく遊びに来ていました。昔遊びに行った頃には建築物も少なく、海風に煽られて彼のお気に入りの車のドアが、凄い勢いで開いたのを二人で大笑いした思い出もあります。そういう思い出のある場所に久しぶりに彼に誘われたのですが、お気に入りの海浜公園の海辺で、これからも一緒に居たいから結婚したいと言われました。

 

最初は海風も強かったですし、わりかし近い場所に中国人の観光客グループが居て、彼の小さな声が全く聞こえない状態だったのですが、2回目に言われてやっとプロポーズされたのだと気づきました。私は昔から色石が好きだったので、小さなブルーサファイアの婚約指輪もその時に貰いました。まさかプロポーズしてくれるとは思いませんでしたが、きちんとプロポーズしてくれて感動しましたし本当に嬉しかったです。