同棲中だった彼に初めてデートしたビルの展望台で素敵なプロポーズをされた。

私がプロポーズされたのは、初めてデートしたビルの展望台です。それまで結婚するかもみたいな雰囲気はあったのですが、はっきりとちゃんとプロポーズされたのはその日だったので本当にうれしかったです。

 

同棲して1年だったのですが、そもそも同棲する時に結婚するんじゃないのという気持ちがあったのでそのまま何の話もなく季節を一周してしまっていたことが少しずつ不安に変わっていました。

 

同棲も長すぎると、結婚のタイミングを逃してしまうとよく聞くのでこのままずるずるいってしまうのかなという風に思い始めていました。

 

かといって、女性の方からプロポーズのような事をいうのも気が引けるので結婚のことについては私の口から話すということはありませんでした。

 

その上、恋人としても3年付き合っていて一緒にも住んでいるので前のようなデートもすることが少なくなってきていて少しさびしい感じがしていました。

 

プロポーズの日、最近彼の方が仕事が忙しくてやっと落ち着いてきたところで、彼の方から予約したレストランへ行こうってくれてすごくうれしかったです。

 

そのレストランは、前に行こうっていっていたんですけど結局行けていなかったレストランで、けっきょう高級な所です。

 

もしかしたら、ここでプロポーズされるのかもとか思っていました。

 

ケーキの中に指輪が入っているとかそんなことはないと思っていたのですが、デザートが来る段階になっても彼はいつも通りの感じでこれは私の勘違いだったのかなと思い始めていました。

 

その後、展望台に行こうって彼が言い出しました。

 

そこで、ここ初めてのデートの時に来たところだよねって彼に行ったら、そうだねってそっけない返事だったので少しがっかりしたのですが、その後にじゃあこれからも毎年ずっと一緒に来ようかって言ってくれて、すごくうれしくなったので元気よく「うん」って返事したら

 

じゃあこれってリボンのついた箱を渡されました。

 

これってもしかして婚約指輪っていうのと、その前のセリフってプロポーズだったのっていうのが頭をぐるぐる回って放心状態だったのですが、彼が開けてサイズを確かめてみてっていうので、ちょっと現実に戻りました。

 

指輪は前に買ってもらっていたので、サイズはわかっていたようですがぴったりでした。そんな感じですごく心に残るプロポーズでした。