プロポーズは計3回!言葉数は多いが3回目が最も遠回しだった

彼氏と10年付き合って結婚しました。とはいってもそのうち9年は同棲していたので状況も気持ちもあまり変わりませんでしたが。彼からは3回、プロポーズ(のようなもの)を受けました。でも正直、本当に嬉しかったのは最初の1回だけです。付き合い始めてすぐの頃、「一生一緒にいよう」と言われました。これは付き合いたてのカップルが舞い上がって言うお約束のようなものと理解し、私自身もずっと一緒にいたいと思っていたので嬉しい気持ちのままスルーしました。

 

2回目は5年ほどたったある日、一緒に食事をしていた時に急に言われました。「結婚しようか」と。後から聞いたのですがこれは彼自身も特に計画していたわけでもなんでもなく、ただ急にそういう気持ちになったから言ったとのこと。私は狼狽しつつスルーしました。彼がどうというわけでなく、私は結婚願望がありませんでした。幸せそうな既婚者というのを見たことがなく、周りは相手のグチばかり。

 

子供がいるからとか世間体があるからとかいう理由で別れない夫婦を山ほど見てきたので、彼とはそんな風になりたくないと思っていました。結婚さえしなければ、好きだから一緒にいる、という大前提を守れると思ったのです。数週間後、彼はなぜあの時無視したんだと問い詰めてきましたが、自分の気持ちを話すと納得してくれたようでそれ以上何も言ってはきませんでした。

 

そしてまた5年後。彼が転職し遠方へ引っ越すことになりました。新幹線で3時間の距離です。どうしたらいいのかと途方にくれていたある日、出し抜けに「来るの?」と彼が言ってきました。いくら鈍感な私でもこれが遠回しなプロポーズであることはわかりました。なおもグズる私に彼は「面倒なことは全部俺がやってやるから。とりあえず考えるのはやめて一緒に来い」と言い、彼を失うのだけは嫌だった私は頷くしかありませんでした。特にロケーションなどにこだわったプロポーズなどは結局1度もありませんでしたが、これもまた私たちらしいのかなと思います。