ホワイトデーのサプライズがプロポーズでした

プロポーズをされたのは、2015年3月14日でした。その日は土曜日でしたが、仕事でずっと準備をしてきたイベントの当日で、朝早くから出掛けていました。私自身初めて経験するプロジェクトで、当日まで忙しく準備に追われ、無事に成功するかとても緊張していたので、当日がホワイトデーという意識があまりありませんでした。

 

土曜日は毎週彼の家に泊まる習慣だったので、その日も無事イベントが終了してから、彼の家に向かいました。「仕事終わったから今から帰るね」と連絡を入れると、駅まで迎えに来ると言ってくれました。最寄りの駅に着くと、彼はもう着いて待っていました。迎えにくるなんて珍しいなと思いながら、今日あったイベントのことを話しつつ、無事に終わって少しテンションが高い私はソワソワしている彼の様子の変化にも気づかず帰りました。

 

家に着くと彼がカギを開け、私を先に家に入れてくれました。短い廊下の先に部屋があるのですが、何か小さな明かりがついているのが見えました。部屋に入るとその小さな明かりがキャンドルだということが分かりました。そして、部屋中が大量の風船で埋め尽くされていて、机の上にはキャンドルと一緒に丸い箱が置いてありました。私はあまりにビックリして「えっ!えっ!」という感じになっていたのですが、彼がその丸い箱を「開けてみて」と言うので、リボンをほどいて箱を開けました。中には、可愛らしいバラの花のオブジェが入っていました。バラの花の中央には、人間がはめられるサイズではないような、小さな指輪がはまっていました。その指輪を抜くと、下にチャームがぶら下がっ ていて、そこには「Marry me?」の文字が書いてありました。

 

そこで初めて自分がプロポーズされたことに気づき、横を向くと彼が笑っていました。かなり興奮して訳のわからない状態になっていたので、その時彼がなんて言っていたのかあまり覚えていないのですが、後から聞いたところによると「さきの笑顔をずっと見ていたいから、結婚してくれない?」みたいなことを言ってくれたそうです。私は感動して大泣きしていましたが、一瞬も迷うことなく「はい」と返事をして、彼に抱きつきました。

 

普段はわりと不器用な彼で、何も考えていないように見えて不安に感じることもありましたが、こんなに凝ったサプライズのプロポーズをしてくれて本当に驚いたし、感動しました。私たちはこの4ヶ月後に入籍しました。