びっくりプロポーズ!彼の手料理とケーキに結婚してくださいの文字

私の誕生日に彼が彼の家でお祝いをしたいと言うので珍しいなと思いました。彼とは3年付き合っていて、いつも誕生日には高級レストランに連れて行ってもらっていました。それなのになぜ彼の自宅に呼ばれたのかと不安になりました。もしかして、私のことが嫌いになって高級レストランはもったいないと思われるようになってしまったのか、または別れ話をするために呼ばれたのか、色々と悪いことを想像してドキドキしました。

 

仕事が終わったので彼のアパートへ行きました。部屋のあかりがついていないので、彼はまだ帰ってきていないと思い、合鍵を持っているので勝手に入りました。すると家の中は真っ暗でケーキについている蝋燭の明かりが見えて、驚きました。彼がすっと出てきて、ケーキの蝋燭を吹き消してと言われたので、フーっと消すと、彼が部屋の電気をつけてくれたんです。

 

そのケーキには結婚してくださいという文字が・・・!びっくりしすぎて夢かと思いましたが、現実でした。彼が私の後ろからギュっと抱きしめてくれて、「結婚してくれるか?」と聞くので私はすぐに「はい」と答えました。テーブルの上にはとてもたくさんの料理がありました。彼が会社を早退して全部作ってくれたのです。彼は料理なんてできる人ではないのですが、この日のために料理教室に通って料理の勉強をしたのだと知りました。感動して泣いてしまいました。しかも彼の指に絆創膏があり、すごく頑張ったんだなぁと思いました。

 

料理がとても美味しくてびっくりしました。彼から結婚したら時々お前に料理を作ってあげたいと言われてすごく嬉しかったです。まさかこんな風にプロポーズをしてもらえるとは思っていなかったので、一生忘れられない日になりました。誕生日がくるたびにプロポーズのことを思い出します。高級料理じゃなくて彼の料理というところがとても印象に残り良かったと思います。しかも私が好きなものばかりを作ってくれたことが非常に嬉しかったです。