失恋から復活したのはかっこよくて疾走感のあう曲を聴くことで

私がどうやって失恋から立ち直ったかというと、ひたすらかっこよくて疾走感のある曲を聴いていたということです。攻撃的な曲も、たくさん聴きました。

 

幸せに溢れているふわふわなかんじの曲は、イライラしたり悲しくなるので一切聴きませんでした。

 

もちろん曲に罪が無いのは分かっているのですが、聴いているだけで負の感情でいっぱいになってしまうので、何が何でも聴かないようにしました。

 

聴いた曲自体は、本当に色々です。ハードなロックやヘビメタ、恋愛が関係ないようなアニソンや特撮の曲などです。

 

J-POPは恋愛系の曲が本当に多いので、あえてそのあたりは避けました。アニソンだとそのあたりあまり気にしなくて良いので、失恋中にお気に入りのアニソンがたくさん出来ました。

 

あと、バラード系もあまり聴かないようにしました。聴いているとしっとりしてしまい、自然と悲しくなってしまいます。あくまで、自分の感情を高ぶらせてくれる曲です。

 

失恋当初はそういった曲も聴けなかったくらい落ち込んでいたのですが、日が経つにつれてそういう曲を聴きたくなりました。

 

それからしばらくは、逆にそういう曲ばかり聴いていました。聴いているだけでむしろ楽しくなっていましたし、ずっと聴いていたかったくらいです。

 

どうやら、自分でも気づかないうちに癖になっていたようです。そんなかんじで、そういった曲を聴いているうちに、気持ちが少し上向きになっていたみたいです。

 

まさか音楽で、ここまで気持ちが持ち直せるとは思っていませんでした。今まではなんとなく聴いているつもりだったのですが、失恋においてはかなり助けられたようです。

 

そして、ラブソングやバラードを聴かなかったのも正解だったようです。そのあたりを聴いていたら、また違った気持ちになっていたかもしれません。

 

ですが、今まであまり聴いてこなかったような曲をたくさん聴いてきたせいか、今ではアニソンなどのほうが好きになってしまったみたいです。